SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

みつばち花子通信

登録商標「花粉交配器具 みつばち花子 毛ばたき花子」を製造・販売している会社です。
<< 平成22年の果樹の授粉 | main | 当社所在域の放射線量 >>
震災5日目
0
     3月11日に発生した地震により被災された皆様に心よりお見舞いを申しあげます。
    災害復旧にあたっておられる数多くの皆様に感謝申しあげます。

    災害から5日経過、福島県は今、東京電力原子力発電所の放射線漏出事故に恐れと不安、怒りでいっぱいです。放射線から逃れるため避難された方々の中には、津波により家族を失い、住まいを失い、生活を失った方々が大勢おられます。そこに追い打ちをかけるように、放射線漏出事故がつづいています。

    現代社会は、大きく電気に依存している生活です。震災時の停電により全ての機能が停止し、改めてその依存度を知らされました。自家発電によりバックアップをおこなっても燃料切れにより一時しのぎにすぎませんでした。今回の東京電力原発事故では、想定外の津波の高さによりバックアップシステムが破損したそうですが、自家発電の燃料もまた想定外で燃料の補給が燃料の品切れで出来ず、節約しても継続運転は3日でした。幸い4日目に東北電力からの供給が復旧し機能が回復いたしました。人間の想定とは如何に無能なものかおごりに過ぎないものです。
    文明の発展と人口の増加により、エネルギー、食料の消費が増加し水力発電、火力発電そして原子力発電と人類はエネルギーを確保してきました。電気エネルギー無くして日本の経済発展はありえませんでした、国民ひとりひとりその恩恵をうけて今日に至っております、この先も電気に依存する社会は継続しつづけると思います。石橋を叩いて渡れといいますが、30年の設計寿命を過ぎた原発を使いつづける事を容認してきた我々は、おごりにより想定を誤ったのではないでしょうか。

    一刻もはやく放射線漏出事故が終息すること願い、避難されている方々のご健康をお祈り申し上げます。

    | - | 19:32 | - | - | - | - |