SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

みつばち花子通信

登録商標「花粉交配器具 みつばち花子 毛ばたき花子」を製造・販売している会社です。
平成22年の果樹の授粉
0
    本年4月期の天候は、異常低温、41年ぶりの4月17日の降雪など果樹栽培にとって大変な年となりました。この時期、桃、梨、サクランボ、プラムなど全国の果樹の受粉期であり、栽培者の方々は様々な試練に直面されました。授粉適期における低温と降雨、降雪、降霜など人間の創意工夫と努力だけでは対応出来ないものでした。
    現在、各果樹も満開から30日以上が経過し、品種によっては1次摘果を終え平年並みの結実を確保された事に少しホッとしております。これも栽培者の方々の努力の賜と存じます。

    福島市では、4月24日に降霜があり−4゜Cまで下がりました。梨、サクランボ、桃、プラム、りんごなど霜害が心配されましたが、防霜ファンや燃焼材による防霜対策が実施された事と、低温による発育ステージが遅れたことで大きな被害は避けられました。
    みつばち花子を10台購入され、梨の授粉でご使用いただいている高橋様から今年の花粉の質が悪い話をお聞きしました。今年採集し人工開葯した梨「新興」の花粉が例年と比べ花粉量が少なかったそうです。新興の花は花粉量が多く花粉樹として良いはずなのに例年の半分ほどしか取れなかったとの事でした。これは、蕾ステージが低温で長く推移し、蕾時期の−4゜Cの凍害が影響していた結果ではないかと思われます。霜害の場合、「雌ずい」が被害にあうと結実不良となり大きな問題となりますが、「雄ずい」の場合にはその被害の資料が少なくはっきりしません。雄ずいが葯の成熟ステージにおいて低温、凍害による影響を受け花粉量の低下、発芽率の低下を招いたのではないかと思われます。また、梨の結実後の果梗の長さが短い果叢が、地域により目立ちますが、指導機関の見解は蕾ステージの低温障害との事でした。
    桃、サクランボの結実は心配されたより良く、生育は遅れているものの比較的良く思われます。桃の場合低温下での開花であったため満開日が特定出来ないほど開花期間が長いものでした。梅、桃の花粉の寿命が長いのは、遺伝子的に開花期の低温に遭遇する環境(発芽率が良く、寿命が長い)に対応しているように思われます。これは、梨、りんごにも当てはまる気がします。
    それらと比べて、サクランボの授粉は難しく、霜害、発芽から開花ステージの高温(ジベレリン作用の高まり)、花粉の発芽率の低さなど年により不作となります。これらは交配手段の選択においての評価が、大きく影響をうけます。つまり、みつばち花子の評価として捕らえられる事です。サクランボに限らず、他の品種においても授粉不良が交配手段であるみつばち花子として捕らえられる事があります。この事がみつばち花子の評価が、栽培者により様々である理由です。自分で蕾、花を採集、人工開葯して授粉する場合、自然のリスクを如何に回避し結実させるかは栽培者の技量ではないでしょうか。
    | 果樹の人工授粉 | 23:29 | - | - | - | - |
    毛ばたき花子 FP−8Pro3m
    0
      高い樹高のサクランボ、プラム、梅用の毛ばたき花子FP−8Pro3mが発売となりました。全長は3m、羽毛は220−LL、アルミパイプφ10、700mm×4段連結式、重量300gです。身長155cmの方で5m程度まで作業可能です。毛ばたき花子FP−8Pro3m
      器具の握り部分は、樹脂製グリップが2ケ所ついており、長い器具を両手で安定して作業出来る仕様となっております。
      毛ばたき花子FP−8Pro3mグリップ
      商品番号231(羽毛1本セット)商品番号232(羽毛2本セット)
      羽毛220−LLは、毛ばたき花子専用で内側の羽毛成形を施しておりません、このためみつばち花子に使用は出来ません。価格は、商品番号231が14,000円税込14,700円、商品番号232が17,000円税込17,850円です。
      羽毛の種類
      需要が限られているため受注生産です、お問い合せ、ご注文は024-591-5501、メールinfo@fukuplt.com(株)福島プラント工業までお願い致します。
      | 果樹の人工授粉 | 18:13 | - | - | - | - |
      人工授粉と花粉の寿命
      0
        植物の花粉の寿命について
        http://www2.odn.ne.jp/~cdu37690/kahunjyumyou.htmによれば一般に他家授粉を必要とする果樹の花粉の寿命は、湿度の状態により異なる事がわかります。
        湿度が高い場合、花粉の活性が高まり寿命は短くなります。逆に乾燥剤を用いて吸湿し乾燥花粉にすることで活性が止まり保存可能となります。従って、長期保存をする時は、乾燥処理が重要となります。十分な乾燥状態後冷凍保存する事が発芽率の良い花粉を得るポイントです。

        室内保存時では、データにあるように、梨51日以上、桃66日以上、すもも66日以上、梅131日とあります。
        授粉作業に先駆けてつぼみ等を採取し人工開葯を行い、その年に使用する場合は、冷暗所で加湿を避けて保存すれば十分であると思われます。むしろ、直ぐに使う花粉を乾燥保存すると活性が停止しているので、再吸湿処理を行う必要があります。

        再吸湿とは、強制乾燥花粉を自然な湿度状態に戻してやる事で、乾燥により停止している活性を戻してやる事です。

        「みつばち花子」をご使用いただいておられる果樹栽培者の方で、冷凍花粉の解凍後、温度のみ戻し乾燥状態で使用され授粉不良により結実不良となってしまった事例がございます。「みつばち花子」の取扱説明書に再吸湿処理について記述いたしておりますが、器具ゆえの取扱の軽視からお読みいただけないのは残念です。

        わさびは花粉にとって禁物です。花粉対策マスクにわさびの成分を用いた商品があるように、わさびの揮発成分が花粉に重大なダメージを与えます。冷蔵庫に花粉を一時保管する場合は、他の食品や薬品と一緒にしない事、出来れば専用の冷蔵庫に保管する事が望まれます。
        | 果樹の人工授粉 | 22:36 | - | - | - | - |
        家庭用の簡易授粉器具
        0
          家庭用簡易型授粉器具

          果樹の人工授粉で最も簡便な方法としては、異品種間の開花した花より羽毛等の採集用品を用いて花粉を集め授粉を行う方法です。この方法の長所は、発芽率の高い良質の花粉が得られることです。短所は、短い授粉適期に花粉採集と授粉作業が重なり、より多くの労働力を必要とする事と、品種により開花時期が異なるため授粉のタイミングに注意が必要となります。
          この方法はご家庭の少量のみの果樹の授粉に適しています。交配用の樹種が無いときは、近所の開花した親和性のある花粉を採集させてもらい授粉を行う事が出来ます。

          梅の白加賀、サクランボの佐藤錦、梨の幸水、リンゴのふじ、キウイフルーツのヘイワードなどご家庭で植栽されておられる方々が「みつばち花子」の羽毛のみ購入され授粉を行われております。花粉の噴射機構を備えた「みつばち花子」本体までは必要無いお客様がいらっしゃる事を考慮し、来春のために「毛ばたき花子」を発売いたします。
          「毛ばたき花子」の仕様は、「みつばち花子」の羽毛をそのまま使用し専用に開発した4段連結のアルミパイプ、最大長は1m40cmで最小長は70cm、羽毛は花粉採集効率の最も良い180−L大型羽毛です。採集する花粉のほうが早いので、授粉する果樹が満開となるまで羽毛を付属の保管用アルミポリ袋に乾燥剤と一緒に入れて、冷蔵庫(5゚C)に保管して授粉のタイミングを逃さない仕様となっております。身長155cmのかたで腕をあげれば2m程ありますから、3m20cm程度まで授粉する事が出来ます。

          | 果樹の人工授粉 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          花粉の冷凍保存と解凍
          0
            花粉交配器具「みつばち花子」をお使いになり、生産者の方がご自身で採集冷凍保存した花粉を使用され失敗した事例をご紹介いたします。

            〔乾燥処理冷凍保存花粉を授粉作業直前まで、密封保存し再吸湿処理を行わなかった為、著しい結実不良となった。また、この事例の場合最高気温12゜C雨天日という悪条件も重なった。雨天日はみつばち花子は使えません。〕

            花粉の長期冷凍保存の第一条件は、花粉の乾燥処理です。
            乾燥する事により花粉の活性を休止させ、冷凍保存により長期の保存が可能となります。
            乾燥の度合いは、含水率20%以下で低いほど発芽率は良くなります。

            しかし、乾燥処理した花粉の含水率を計測する事は難しい為一般的には乾燥に十分な量の乾燥剤(青色シリカゲル)により乾燥処理が行われています。
            青色シリカゲル⇒塩化コバルトで染めて水分の吸収度合いが判別しやすくしたもの、吸湿するに従ってピンクに変わる

            含水率が不明の場合は、再吸湿処理が必要です。
            極度の乾燥状態では活性が停止したままですから、発芽率を高めるため含水率40%前後まで吸湿させる必要があります。特にハウス栽培の場合は、湿度が高い環境にあるので注意が必要です。また、発芽試験を行う場合も同様に再吸湿処理を行わないと、発芽試験の湿度条件が100%なので乾燥のままですと花粉破裂が起こり発芽不良となります。
            【花粉の再吸湿処理】
            1.冷凍庫(−25゜C〜−20゜C)より取り出し、密封のまま1日室温(10゜C〜15゜C)にて自然解凍します。結露が残っているようなら更に1日解凍時間を長くします。
            2.解凍を終えたら、日の当たらない部屋で温度10゜C〜15゜C、湿度50%〜60%の条件で密封を開放して広げ、5時間〜12時間吸湿処理を行います。

            再吸湿処理を行った花粉は出来るだけ速く使用します。授粉日に合わせて解凍する事が良いでしょう。
            | 果樹の人工授粉 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            みつばち花子 の製品保証期間
            0
              花粉交配器具「みつばち花子」の製品保証期間は、ご購入日から1年間でしたが、ご購入から2年間となりました(消耗品の羽毛を除く)。お客様によっては、翌年の不具合を心配なされて、花粉交配日ぎりぎりに注文される方がございます。そのためと季節商品がゆえに注文が3月上旬から4月下旬に集中し、弊社の対応がままならない場合がございます。
              マーケットとして花粉交配用品はそれ程大きいものではなく、「みつばち花子」は部品の製造から組立すべて自社生産をしております。
              構成部品の全て日本製です。商品の中で一つだけ、多段連結用添付品の+1番ビットドライバーが中国製です。
              組合せが20通りとなり商品数も多くなりましたため、商品によっては期間中在庫切れが起こり、1週間程度の納期となる事をご容赦お願いします。
              お急ぎのお客様は、早めのご注文をお願いいたします。

              尚、製造に関する不具合は保証期間に関わらず対応いたしております。
              | 果樹の人工授粉 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              人工授粉器具のエコ
              0
                他家授粉を必要とする果樹栽培において、結実確保は最も重要な作業の一つです。栽培する果樹を全て自家受粉する品種に改良する事が最も理想ですが、現在栽培されている果樹の多くは人工授粉を必要としております。
                訪花昆虫を利用する事が最も自然の摂理に叶った受粉ですが、栽培植物においてはそれに100%依存する事は安定した生産を図る上で、いろいろなリスクをはらんでおります。
                授粉適期が短い事もあり、果樹栽培における授粉作業は短期間に多くの労力を必要とし雇用労力の確保に毎年苦労している栽培者の方は少なくありません。
                これまでガソリン小型エンジンによる花粉の噴射機械、手動ポンプによる花粉の噴射器、電池モーターによる羽毛接触授粉機など労力軽減の人工授粉機械等が開発されてきました。しかし、いずれも純花粉を使用する機械のため、粗花粉から純花粉への精製作業と器具、薬品が必要となり総合的な労力軽減とは言い難いものがあります。
                梵天(毛棒)のように誰でもが容易に取り扱えて、燃料や電池を必要としない花粉交配器具、それが「みつばち花子」です。
                梵天(毛棒)のように軽くて作業しやすく、機械のように能率が高く花粉の供給が簡便に、そして故障などのトラブルと経年劣化の少ない交配器具です。


                 
                | 果樹の人工授粉 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                梨の人工授粉における気温
                0
                  そろそろ『みつばち花子』が長い冬眠から目覚め、活躍する時期が近づいてきました。周年使われる器具ではないので、ブログも冬眠しておりました。
                  昨年の授粉結果について、公開せず下書きのままでしたのでここでアップいたします。

                   平成20年、福島市におけるみつばち花子による梨の人工授粉について
                  今年度も天候に恵まれない条件下での授粉でしたが、結果が明らかになりましたので、お知らせいたします。
                  4月23日午前9時12゚C 午前10時15゚C 午後2時22.5゚Cの最高気温 午後6時15゚Cとなり新高、豊水、二十世紀など交配適期を迎えました。この日に花粉交配作業を行った圃場は、1回授粉で非常に良い結実結果でした。
                  ただ、冷凍保存花粉を使用された方で、シリカゲルによる乾燥花粉のまま使用され著しい結実不良となってしまったお客様がありました。取扱説明書に記載しております、冷凍花粉の再吸湿処理にご注意いただけなかったのは、大変残念です。また、噴射回数も雇用作業員への指導が足りなかった事が原因となりました。購入頂いたお客様の大半が取扱説明書を読まずにみつばち花子をご使用になる事が判明いたし、構造が単純がゆえの道具器具への軽視される事は大変残念です。
                  4月24日は雨。雨天時みつばち花子は残念ながら使用出来ません。また、春の雨天日は気温が15゜C以下と低く、キウイフルーツで実用化されている液体授粉も適当ではないと考えられました。

                  みつばち花子の液体授粉ノズル試験について、記述いたします。
                  ノズルのみ交換し他の動力に依存しない場合、対象花叢ごと噴射動作を行わなければならず、握り圧の負担が非常に大きくなり長時間の連続作業は困難と思われました。
                   また溶液に溶かす為、粗花粉から純花粉の精製作業が発生し、みつばち花子の特徴である粗花粉をそのまま使用するメリットが無くなってしまい、総合的な労力の軽減は難しい結果となりました。更に溶液に溶かした時点で花粉の40%近くが発芽不良となり、2時間以内の作業制約があるため一般に普及するには取扱上難しい結論となりました。
                  | 果樹の人工授粉 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  石松子と人工授粉
                  0
                    本日、ハウス梨栽培でご使用いただいた宇都宮市阿部様より、"みつばち花子"の使用後の受粉結果のお便りと追加のご注文をいただきました。"みつばち花子"の高い評価をいただきまして、お嫁に出した父として大変感激しております。
                    お便りのなかで、増量剤石松子の弊害についてのご意見をいただきましたので、ご紹介いたします。
                    花粉のみと花粉に石松子添加、それぞれ同量の花粉量をめしべ柱頭に付けた場合の受粉比較では、初期肥大に大きな差が生じる結果を得られたそうです。石松子が花粉管の伸長を阻害するのではないかとの事でした。前回のブログに書きました、強風下での受粉結果で粗花粉のみを使用したのが最も良い成績であったのは、石松子による影響もあったのかもしれません。着果はするが抜け玉が少ない、石松子を大量に添加する機械式受粉機の特長はこの事から推測できるような気がします。
                    "みつばち花子"は粗花粉のまま、石松子添加無しでご使用いただけます。
                    高品質の果実生産のお役に立てるよう、今後多くの情報をもとにより良い
                    使い方についても調査研究を行い、ご購入頂きました皆様にお知らせいたします。
                    | 果樹の人工授粉 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    天候の悪い条件での人工授粉
                    0
                      天候の悪い条件での人工受粉

                      福島県福島市、梨の交配において、平成19年4月28日未明降霜、花粉交配時は強風、低温と天候に恵まれない条件下での受粉作業でした。そのような悪条件での"みつばち花子"の受粉結果をお知らせします。
                      "みつばち花子"を使用しての受粉結果で、特に問題となる障害はありませんでした。強風の為、羽毛が風にあおられ作業しづらいとのご意見をいただきました。風の影響は、羽毛を用いる他の交配機や梵天においても、同様であると思われます。また液体受粉においては低圧散布の為、風の影響により受粉結果に影響を及ぼすのではないかと思われます。(液体受粉機の場合、吐出圧が0.4MPa(約4kg)程度になると花粉が潰れ発芽しなくなるので低圧散布)
                      強風下で最も受粉結果が良かったのは、15HD-S小型羽毛を使用し石松子を添加しない粗花粉だけで行った区でした。比較区の梵天区より良い結実結果でした。
                      "みつばち花子"は羽毛の内側より花粉を噴射し、交配動作で外側に出て行きます。梵天の場合は羽毛の外面に付ける為、強風にあうと付けた分だけ飛散してしまい花粉の消費が多くなってしまうと思われます。
                      石松子を添加しないほうが、強風下では羽毛からの飛散が少ないのかもしれません。"みつばち花子"に石松子の添加をお勧めする理由は、粗花粉から花粉の分離を容易にする為ですが、強風下では羽毛からの飛散も助長する事が考えられました。
                      また、粗花粉のみですと石松子で増量した場合に比べ花粉の濃度が高い為、良い結果が得られたのだと思われます。同じ圃場で同じ粗花粉を使用して梵天交配より良い結果が得られた事は、特筆に値すると思います。
                      好天に恵まれた場合交配手段による受粉差は少ないですが、悪天候時、適期受粉が必要とされる花粉交配作業においては、"みつばち花子"の優位性が実証された結果となりました。
                      交配当日の天候が良くない場合は、石松子の添加を2倍以下もしくは添加しないで粗花粉そのままで"みつばち花子"をご使用ください。好天時は、花粉の分離離反を容易にする意味と湿気防止の為、石松子の添加をお勧めいたします。
                      外気温が15゜C以上でないと花粉の発芽が良くありません。ハウス栽培と違い自然の気象条件に大きく影響される露地栽培の人工授粉、皆様の地区が好天に恵まれる事をご祈念いたします。


                      | 果樹の人工授粉 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |